Friday, January 11, 2008

長瀬「永遠に残る作品に」…映画「ヘブンズ・ドア」主演決定---福田麻由子參予演出

 TOKIOの長瀬智也(29)が映画「ヘブンズ・ドア」(マイケル・アリアス監督、09年新春公開)で主演を務めることが10日、分かった。長瀬の映画出演は「真夜中の弥次さん喜多さん」(05年)以来4年ぶり。初共演の福田麻由子(13)とダブル主演となる。

 原案は97年製作のドイツ映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」。余命わずかと宣告された青年・青山勝人(長瀬)と少女・白石春海(福田)が意気投合し、病院を脱走。不意に起こした事件で巨悪と警察に追われ、病魔に苦しみながらも最後の望みを胸に、勝人の思い出の海を目指す。

 7日にクランクイン。原案映画と同名主題歌に影響を受けたという長瀬は「思い入れがある作品をやらせて頂けることに感謝しています。誰かの記憶に永遠に残る作品にできるよう、みんなで楽しんで作っていきたいです」とコメント。福田も「自分とは違う人格の春海を演じる時の居心地の悪さも好きなので、一生懸命がんばりたいと思います」と意気込んでいる。ほかに三浦友和(55)、長塚圭史(32)ら。

新聞來源:http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080111-OHT1T00082.htm

No comments: